地下鉄サリン事件発生から24年が経過

Pocket

puffer (2)

おはようございます。

角井美陽子です。

地下鉄サリン事件発生から今日で24年が経過しました。

オウム心理教の関係者が松本智津夫元死刑囚の指示で営団地下鉄(現在:東京メトロ)霞ヶ関駅構内や車内にサリンを噴射して、死亡者・被害者多数の大惨事を招いたことは平成の事件のひとつとして忘れられません。

同時に、平成生まれの数が少なくない中、オウム心理教の存在を知らないでひかりの輪等の国家公安委員会に管理下に置かれている後継団体の信者として活動している人がいるので、退会することは容易なことではありません。

最後に、宗教団体に関わりたくないので、無駄なエネルギーを消費してしまいます。

そのため、無駄なエネルギーの消費しないで前向きな考え方で行動できる方が少しでも充実感があると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です