池江璃花子選手が白血病と診断

Pocket

80395922

おはようございます。

角井美陽子です。

競泳女子の池江璃花子選手が白血病と診断されていることがわかりました。

池江選手は今までの大会でたくさんの記録更新連発や日本水泳連盟の競泳強化選手に指定されていること等の経験から見て、驚きを隠せません。

たしかに、池江選手は今回の白血病診断に限らず、日大のイメージアップに繋がると思われているだけに、日大進学希望していただけにショックです。

しかし、白血病の完治や克服は難しいですが、サッカーJ2アルビレックス新潟の早川史哉選手のように克服して、競泳の大会出場や後輩の育成に全力投球したいと思います。

最後に、私は過去に献血ができた時期がありました。だが、血管が細いため、血液比重や血圧等の検査データに問題がなくても、献血や白血病のドナーになれません。

そして、今は精神症状や副作用(離脱)症状の他に、身体の自覚症状の臨床試験や他人が受けない検査を受ける等の条件で保険診療適用されています。生活困窮支援制度から抜け出す唯一の方法です。

白血病関係や日本臓器移植ネットワーク等の会報誌を読んで病気に対する理解を深めていき、双方で迷惑がかからない方法で社会貢献することができれば、明るい未来を生きることを確信しています。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です