令和初のプロ野球

Pocket

おはようございます。

角井美陽子です。

5月1日の令和元年初プロ野球は6試合行われました。令和初記録のほとんどがデイゲームだった巨人対中日、横浜DeNA対ヤクルトに偏ってしまいました。

しかも、巨人の坂本選手の令和初本塁打と菅野投手の令和初勝利は、令和初記録と巨人の勝利につながり一石二鳥でした。

なお、令和初記録は以下の通りです。

<セ・リーグ>
☆勝利投手=菅野智之(巨人)
☆敗戦投手=山井大介(中日)
☆本塁打=坂本勇人(巨人)
☆安打=太田賢吾(ヤクルト)
☆二塁打=石川雄洋(DeNA)
☆打点=亀井善行(巨人)
☆得点=坂本勇人(巨人)
☆三振=渡辺勝(中日)
☆奪三振=菅野智之(巨人)
☆盗塁(重盗)=山本泰寛、亀井善行(巨人)
☆犠打=大貫晋一(DeNA)
☆失策=田中広輔(広島)
<パ・リーグ>
 勝利投手=涌井秀章(ロッテ)
 敗戦投手=榊原翼(オリックス)
 本塁打=山川穂高(西武)
 安打=角中勝也(ロッテ)
 二塁打=大田泰示(日本ハム)
☆三塁打=鈴木大地(ロッテ)
 打点=鈴木大地(ロッテ)
 得点=中村奨吾(ロッテ)
 三振=荻野貴司(ロッテ)
 奪三振=榊原翼(オリックス)
 盗塁=金子侑司(西武)
 犠打=若月健矢(オリックス)
 失策=金子侑司(西武)
☆捕逸=若月健矢(オリックス)
☆退場(危険球)=武田翔太(ソフトバンク)
☆は12球団全体で「令和初」。
ちなみに、平成1号は原辰徳内野手、勝利投手1号は桑田真澄投手(ともに当時巨人)でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です