暗証番号の事情

Pocket

こんばんは。

角井美陽子です。

暗証番号をたまに忘れてしまうときがありますが、危険な暗証番号番号設定するべきではありません。

暗証番号番号の覚え方は、定期的に変えないで有効なゴロ合わせの上で他人には絶対わからないが、自分や家族だったら忘れないということが重要です。

きなものにまつわる数字がオススメ

趣味とかペットとか、好きなものにまつわる数字がオススメです。
このように、暗証番号を設定するときに自分の趣味や好きなものに紐づけるのは有効な手段です。
愛するペットや、好きなドラマであっても工夫をすれば4ケタの数字は作れます。
自分が何十年前に住んでいた実家の住所や地番、電話番号に関連させて暗証番号を作るのも良いと思います。そこまでさかのぼって個人情報を探るのは簡単ではありません

しかし、どうしても4ケタの数字が作れないとしても、他にも方法はあります。
暗証番号を設定するときに自分の趣味や好きなものに紐づけるのは有効な手段です。
内部犯罪を除けば、一番強力な対抗策は紙に書くこと。ノートに手書きでメモをしておいて、必要なときに取り出すのが安全です。
また、色々なサービスの中でも、ログインするためだけに使われる暗証番号で、漏洩しても大きな害がないものはあるはずです。そうした類(たぐ)いは全部同じで構いません。

暗証番号を忘れないで済む対策方法

単純な数字にして、付箋で貼っておけばいいでしょう。ただ、お金に直結する暗証番号だけキチンと管理すればいいのです

最後に、カードが何枚あろうと、暗証番号を3つだけ用意することです。

流出しても実害のない暗証番号を1つと、カード類、スマホの解除番号など絶対に漏れてはいけない暗証番号を2つの、合わせて3つです


推測されにくい番号を2つ用意しておくだけでも漏洩するリスクは大幅に減るし、3つ覚えるだけなら忘れることもありません。

家族に教えるべきかどうか

そして、いざ安心で覚えやすい暗証番号を用意できたとしても、問題が一つ残っています。家族に教えるべきかどうかです。
これは信頼関係や個人の考え方に依るところが大きいです。だが、教えたくなくとも自分が亡くなったあとや認知症になったとき、残された家族に迷惑をかけたくはないはずだ。具体的な番号は伝えずとも、何らかの形で共有はしておきたいです。

と言うわけで、暗証番号番号を忘れないで済む方法は、自分が趣味があるキーワードで語呂合わせした上で、筆記とスマホプラン等の手段で記録をした内容を振り返ってみて、日頃の行動を見直したいです。

なお、ヤフーに配信された「『暗証番号』の最新事情、絶対にこれだけはやってはいけません!(現代ビジネス)」の記事を引用させていただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です