終身雇用継続の限界

Pocket

おはようございます。

角井美陽子です。

昨日、日本自動車工業会会長兼トヨタ自動車社長豊田章男会長と経団連の中西宏明会長が終身雇用の継続が難しいという認識を示しました。

トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。

一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。

新卒採用された一部の中で3年程度で3割の人が転職・自己都合退職、終身雇用継続、社会保障制度、製薬会社から支給される協力金等の限界にきています。

だからこそ、社会から取り残されないために、身体疾患と精神疾患の確定診断等で新しい稼ぎ方を身につけて、普通乗車券の他に別料金の必要な設備(東海道新幹線乗車、ホームライナー、JR東日本首都圏エリア普通列車グリーン車等)を利用できれば楽になると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です